■ 理 念

出口の見えない混迷が続くなか、JA経営に携わる皆様には、日夜打開策に腐心されていることと存じます。当社は、「21世紀を農業〜食品〜農協〜地域とともに改革の道を進むCMI 」をスローガンに、以下の理念に基づくJA経営改革コンサルティングを提供し続けています。

○ 天動説から地動説への大変換時代に勝ち残る、チェンジ(Change変化・変身)の創造をガイドします。       自己中心の天動説では競争に勝ち残る事はできません。経営価値軸を逆転し、「需要を起点」とする事業・組織・業務のあり方へ抜本的にチェンジする・・・それが地動説に則った経営です。

「地動説の図」…出典: フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)

“新陳代謝”をキーワードとして、人と組織に“旧いものを捨て、新しいものを採り入れる”改革をガイドします。      旧いものを捨てないと新しいものを採り入れる事はできません。 新陳代謝が停止したとき、生命体は死を迎えます。

“異質な媒体”として作用し、人・事業・組織活性化の質・量・速度の効果を提供します。               内部の人間関係心理がチェンジの阻害要因となるケースが多くみられます。ここに異質な一石を投じてチェンジの波紋を広げる伝導使・・・これがコンサルタントに期待される役割です。

“アウトソーシング(外部のノウハウの有効活用)”の期待に応えるパートナーとして、ビジネス&マネジメント革新コンサルティングを提供します。

(注)                                         16世紀まで、地球は宇宙の中心にあり、太陽を含め周りの天体が動いているという天動説が信じられてきた。                          しかし、ニコラウス・コペルニクス、ガリレオ・ガリレイに代表される科学の眼により、地動説(太陽中心説)に大変換した。                      「コペルニクス的転回」やガリレオ・ガリレイの言とされる「それでも地球は回っている」は、人口に膾炙している。

経営コンサルJAコンサルCMI(チェンジマネジメント・インターナショナル)
経済事情改革のJAコンサルCMI

JAコンサルのCM I (チェンジマネジメント・インターナショナル)

21世紀を農業〜食品〜農協(JA)〜地域とともに改革の道を進む

CMI  代表  マネジメント・コンサルタント

吉田 行雄 (よしだ ゆきお)

■ 略 歴

◇ 1950年 新潟県生まれ

◇ 1972年 明治大学商学部卒業 〔マーケティング専攻〕 
◇ 1972年〜1985年 株式会社精工舎(現セイコープレシジョン株式会社) 勤務 
             ※ 資材バイヤー、管理会計、コストダウンPJ、物流システム構築
◇ 1985年〜1987年 株式会社セブンイレブン・ジャパン 勤務
             ※ 共同配送システム構築および運営管理
◇ 1987年〜1995年 独立系大手コンサルティング・ファーム 勤務
             ※ 生販統合システム構築およびJA経営改革支援
◇ 1995年4月 株式会社チェンジマネジメント・インターナショナル 創立
・「競争に強い人財育成」を使命とするコンサルティングおよび教育研修に取り組む
・「マネジメント(経営)をチェンジ(変化)」し「チェンジ(変化)をマネジメント(管理)」する
《共生》《挑戦》《創造》コンサルティングを基本理念に活躍中
・「JA経営実務〔全国協同出版?〕」に『JA経営の落とし穴(1997年1月号〜12月号)』
 『近未来小説JA200X年(1998年6月号〜1999年3月号、隔月)』

 『世紀末覚悟の時代のJA経営(1999年10月号〜2000年3月号)』などを連載し、継続的に執筆陣   の一員として経営改革の啓蒙と普及伝播につとめる。

◇ 2004年4月 JA全中刊「志せ、営農の復権!(JA改革への仕掛け)」を執筆